SNS(国内)

2012年5月日本国内のFacebookユーザー数860万人に

セレージャテクノロジー、アジア各国のFacebook推定ユーザ数を発表。日本は860万人となり、ユーザ増加数は前月比60万人増とアジアで1位。1位インド他上位3カ国に変動なし。アジア調査対象国全体では182万人減少。 Facebookの広告ツールを使った集計値。前月よりも7%(60万人)増で、伸び率はアジアトップであるものの、人口に占めるユーザーの割合はアジア9位の%。隣国、韓国の半分以下となっています。 人口に占めるユーザー数の割合の上位を見て見ると、マカオ(%)、シンガポール(%)、台湾(%)、香港(%)となっていて、日本とはケタ違いの割合を占めている様子。ビジネスに特化しているなどの国の特徴はあるものの、すごい数値ですね。 eMarketerからは「2014年の日本のFacebook利用者数は1,950万人」という試算も出ていますが、ここから日本ではどのようなユーザー数の遷移をしていくのか、とても気になるところです。 Insight for WebAnalytics: 2014年日本のFacebook利用者数は1,950万人と推定 など Facebook Users in Japan Report High Engagement – eMarketer
Continue Reading »
SNS(国内)

2011年10月日本国内の予測数値Twitter月間利用者数2,100万人、Facebookは1,700万人

Insight for WebAnalytics: 2011/10日本の月間利用者数2,100万人、は1,700万人 サイトを運営していて、Doubleclick Ad Plannerを利用していれば分かるのですが、Doubleclick Ad Plannerのデータは微妙にずれているということ、そしてサービスサイト自体にアクセスしていることを前提としたデータですね。比較するにはちょうど良いものでしょう。 mixiも含めて比較してみました。mixiってこんなにアクティブユーザーが少ないのでしょうか。あくまで予測数値なので、なんとも言えませんが、この数値が実数に近いとしたら、恐ろしいことです。 そしてこちらが、比較データの一覧表。2011年1月比で見ると、mixiのみ微減。Facebookは4倍にもなっている状況。この一覧表で見るとFacebookのUU数、滞在時間のバランスが非常に良いこともわかりますね。 Doubleclick Ad PlannerではGoogle+のデータを見ることができないのが残念ですが、このように同業サービスを比較するのに便利ですね。
Continue Reading »
SNS(国内)

Facebookユーザーの55.2%が友人のシェアしたURLに対し日頃からアクセス

Facebookユーザーの%が友人のシェアしたURLに対し日常的にアクセス | MMD研究所 Facebook「シェア」機能の利用経験に関する調査では、「Facebook上で友達がシェアしたサイトにアクセスしたことがありますか?」という質問に対し、「よくアクセスする」と回答したユーザーは%、「たまにアクセスする」と回答したユーザーは%と、合わせて%のユーザーが友人のシェアしたURLに対し日常的にレスポンスしていることがわかった。 同様にmixiの「mixiチェック」機能の利用経験に関する調査では、「マイミクがmixiチェックでチェックしたサイトにアクセスしたことがありますか?」という質問に対し、日常的にレスポンスしているユーザーは%で、逆に「ほとんどアクセスしたことはない(%)」「一度もない(%)」と回答したユーザーの割合が高い傾向にあることがわかった。 Mixiとのユーザーの性質、利用目的の違いが明らかになりますね。生き残りは棲み分けなのか、それとも。
Continue Reading »
SNS(海外)

インターネット利用者の内ソーシャルネットワーク利用率が低い国は日本とドイツ

Insight for WebAnalytics: インターネット利用者の内ソーシャルネットワーク利用割合が低い国は日本とドイツ いつぞやの三国同盟を思い起こさせる気がします。国民性が似通っているのでしょうかね。これがどのように影響してくるか、非常に気になるところ。
Continue Reading »
SNS(国内)

PCからのTwitterサイト利用者数がMixiをもうすぐ抜く

Insight for WebAnalytics: PCからのサイト利用者数、TwitterがMixiをもうすぐ抜く 携帯サイト利用は計測対象外なので、注意。またはアプリ利用などは除かれ、サイト利用のみ。 国内のMixi、Twitter、FacebookPCサイト利用者遷移。 アプリやモバイルからの利用を除いたとしても、Twitterの利用頻度が伸びていることがわかるデータ。TwitterPCサイトの国内月間利用者数が減ったとはいえ、すごい勢いですね。
Continue Reading »
SNS(国内)

mixi会員の年齢層が上がりつつある、30代以上40%

mixi会員の男女比や年齢階層比を少し長めにグラフ化してみる 厳密にいえば10代においては、先の記事で指摘しているように15~17歳の層は微増を見せ、18~19歳は大きく減少している。前者は招待制が無くなったことによるアプローチのしやすさから、後者は20代以上と同様に若年層比率の減少に連なっているものと思われる。 mixiの会員年齢階層比(全体) ネタ元にもあるように、Facebookも元々学生の間で広まり、それが親を介して大人にも広まりました。その現象が今になってMixiにも現れたという状況。
Continue Reading »
SNS(米)

ソーシャルメディア上の関係性を含む広告は効果向上

– Powered by Google Docs 本調査では、ソーシャルメディア上の関係性を含んだ広告、例えば、広告の中に表示された友人とのつ ながりが、広告効果を高めていることが示されています。また、マーケティング担当者がブランド測定の指 標とする下記の主要な項目においてスコアの向上が見られました。 Facebookのファンページを活用したキャンペーン成功例の数値。 米ニールセンと米フェースブック調査、ソーシャルメディアの関係を含む広告は効果向上 | Web担当者Forum
Continue Reading »

Facebookが世界第4位のサイトになった

Facebookの全世界での成長ぶりには驚嘆するしかない。6月には単月で新たに2400万人のユニークユーザーを世界で獲得し、総ユニーク数を3億4000万人とした。これでFacebookは、Google、Microsoft、Yahooに次ぐ世界第4位のサイトになった。comScoreによる(下の表参照)。Facebook自身は、2億5000万人のアクティブ登録ユーザーがいること以外、公式に… Facebookが世界第4位のサイトになった.
Continue Reading »