市場調査(米)

201年8月米スマートフォンシェア、Googleが43.7%に拡大Apple、MSは維持

Insight for WebAnalytics: 2011/8米スマートフォンシェア、Googleが%に拡大 など 2011/8米スマートフォンシェア、Googleが%に拡大 依然としてGoogle Androidが好調ですね。逆にMSはすでにシェアを下げはじめている様子。
Continue Reading »
市場調査(国内)

国内スマートフォンOSシェア、アンドロイドがアップル抜く

国内スマートフォンOSシェア、アンドロイドがアップル抜く コムスコア・ジャパンは30日、日本のモバイル利用に関する携帯動向調査データ「コムスコア・モビレンズ」をもとに最新の市場傾向を発表した。その結果、スマートフォンのOSシェアで、これまでトップを維持してきたiOS(アップル)から、アンドロイド(グーグル)にトップシェアが移行したことが明らかになった。 ついに日本国内でもAndroidがiPhoneを抜いてしまいましたね。端末別で見れば、まだまだiPhoneが独壇場なのでしょうけれども、スマートフォンに関しては、国内特有という動きにはいまのところなっていない様子。 しかし、スマートフォンを毛嫌いする層に対して、今後どのような変化がおこるのか。ここに日本独自の色が出てきそうですね。
Continue Reading »
市場調査(国内)

国内スマートフォンのOS別出荷台数・シェア AndroidがiOSを抜いて1位

スマートフォン市場のメーカー別台数・シェアは1位がApple(%)、2位がシャープ(%)、3位がソニー・エリクソン(%)、4位がSamsung(%)の順となった。OS別にみると1位がAndroid(シェア%)、2位がiOS(%)、となった。 (MM総研の発表資料より引用)   ずいぶんあっさりとAndroidがiPhoneを抜き去ってしまいましたね。震災時にソフトバンクの繋がり具合がよろしくなかったことも起因しているのでしょうか。 日本だからiPhoneなのかという印象を受けてはいましたが、そうはならず世界と同じ歩みをはじめましたね。しかしAndroid携帯のバッテリーがもたないのは何とかして欲しいところ。。。
Continue Reading »
市場調査(海外)

2011Q1世界のAndroidのスマートフォンシェア35%

2011Q1世界のAndroidのスマートフォンシェアが35%に 世界のスマートフォン出荷台数は、2011Q1の5,520万台から83%増で、2011Q1は億台となった。スマートフォン出荷台数の地域別シェアは、アジア太平洋地域が2011Q1の34%から37%へシェアを伸ばしたが、その分EMEA地域のシェアは35%から32%へ減となった。 画像の表はAndroidシェアのものではありませんが、今年一月にシェアトップへ躍り出たAndroidが、から4ポイント弱を伸ばしているという状況。 個人的には、電池消費の点などでiPhoneのほうが安定していると感じますが、それさえなければウィジェットの有無だけでもAndroidに軍配と感じています。 この動きは日本でもジワジワと来るのでしょうか。
Continue Reading »
市場調査(国内)

スマートフォン乗り換え機種はiPhone・Android人気が拮抗

ソーシャルメディアユーザーを対象に携帯電話の利用動向に関する調査を実施 | ソーシャルメディア研究所 | バズ、クチコミ、ソーシャルメディアマーケティング l 株式会社サイバー・バズ 【スマートフォン乗り換え機種はiPhone・Android人気が拮抗】 スマートフォンを所有していない人に対し、「スマートフォンを使用するとしたらどの端末が欲しいですか?」という質問をしたところ、「iPhone端末」が43%、「Android端末」が39%、「その他端末」が18%となり、iPhoneおよびAndroid両OSの人気は拮抗していることがわかりました。また、iPhoneが欲しい理由として「Appleストア経由の安全なアプリケーションが多い」「今のところiPhoneの方が操作性が良さそうなので」などが上げられ、Androidが欲しい理由としては、「Android端末の方が将来性があると思うから」「電波の安定しているdocomoを引き続き使用したい」などの意見が上がっておりました。 出典:ソーシャルメディア研究所 アンケート対象者がある一定の層に特化していることも考えられますが、「みんながiPhoneを欲しがっているわけではない。」というのは間違いなさそうですね。
Continue Reading »
市場調査(海外)

2012年世界のスマートフォンOSシェア、Androidが5割に迫る

Insight for WebAnalytics: 2012年世界のスマートフォンOSシェア、Androidが5割に迫る 2011年に世界のスマートフォン販売台数は%増の億台と推定。 世界で見ると、Androidの伸びがすでに圧倒している状況。予測はあくまで3強のうち、AndroidとMSが伸びるという予測だけれども、どうなることか。 下記はGartner (April 2011)のデータを元にグラフ化したものです。
Continue Reading »
市場調査(米)

米スマートフォンのOSシェアAndroidがトップに(2011年1月)

Insight for WebAnalytics: 2011/1米スマートフォン、OSシェアでAndroidが%でトップに ↑米国スマートフォンOSシェアの遷移 Appleは現状維持のまま、その他のOSがAndroidにシェアを奪われているように見えますね。iOSかAndroidかの選択肢しかない日本のスマートフォン市場はどうなることやら。
Continue Reading »
市場調査(米)

Androidが広告インプレッションでiOSを上回る(2010年12月米国)

Androidが広告インプレッションでiOSを上回る – 調査・統計ニュース:ITpro Millennial Mediaのモバイル向け広告ネットワークを通じた12月の広告インプレッションは、Androidが46%で最も多く、次いでiOSが32%だった。カナダResearch In Motion(RIM)の「BlackBerry OS」は16%、フィンランドNokiaの「Symbian」は2%、米Microsoftの「Windows OS」は1%だった。 iPhoneアプリは有料で販売するモデルが多く、Androidアプリは無料配布→広告モデルが多いということにもつながりそう。
Continue Reading »
市場調査(米)

米スマートフォン Androidの伸びがすごい

Insight for WebAnalytics: 米スマートフォン、携帯市場シェアの2割を突破 スマートフォンのプラットフォームシェア iPhone 4 の発売で、今後の動向が変化するのでしょうけれども、Androidもこのままとは考えにくいと考慮すると、Googleはさらに伸ばしてくるのでしょうね。 スマートフォンのシェア そして、米国の携帯端末全体で見ると、スマートフォンは2割のシェア。インパクトはないものの、徐々に伸びていますね。
Continue Reading »
市場調査(米)

2010年Q1の米国スマートフォン市場、Android端末がiPhoneを抜いて2位に

2010年Q1の米国スマートフォン市場、Android端末がiPhoneを抜いて2位に – ニュース:ITpro 米NPD Groupが米国時間2010年5月10日にまとめた同年第1四半期(Q1)の米国スマートフォン市場調査によると、米Googleが開発を進める「Android OS」を搭載した端末の販売シェアが28%となり、米Appleの「iPhone」を抜いて2位となった。首位はカナダResearch in Motion(RIM)の「BlackBerry OS」搭載端末でそのシェアは36%。iPhoneは21%で3位に後退した。 日本では今後どのようになってくるか、何気に楽しみですね。
Continue Reading »
12