市場調査(海外)

EU スマートフォン利用者のスキャン率の高かったQRコードは、雑誌や新聞への掲載

Insight for WebAnalytics: スマートフォン利用者のスキャン率の高かったQRコードは、雑誌や新聞への掲載 など Do QR Codes Work Best in Magazines and Newspapers?より 新聞広告もテキストや画像だけのものよりも、QRコードを用いたクロスメディアのほうが、読者にとっても有益な広告となりうるのですね。商品のパッケージからも意外と読み込まれているなという印象。こうなると、セミナーのレジュメや紙媒体の資料などにURLだけを記載するのももったいないと考えられますね。
Continue Reading »
市場調査(国内)

コンテンツ連動型広告をやめた理由の一位は「費用対効果が合わない」

ジェイ・リスティング、「コンテンツ連動型広告に関する意識調査」を実施 過半数の広告主が利用に満足している一方、「サポートの充実度」「費用対効果」に不満 利用停止理由の第一位は「費用対効果が合わない」 ◆広告主が評価しているポイントは、 1.小額で出稿できる() 2.集客力がある() 3.クリックされないと費用が発生しない() ◆逆に、評価が低いポイントは、 1.利用に当たってのサポートが充実している() 2.費用対効果が見合っている() ◆コンテンツ連動型広告の利用をやめた理由は、 1.費用対効果が合わない () 2.クリックされても販売など最終的な目的に到達しない()   検索のように、自らアクションを起こしてまで何かを求める人に比べれば、コンテンツを見ながら広告に興味を持ったユーザーの見込み度が低いのは、とても自然だと感じられます。 ただし、まだ見込み度の低いユーザーを、早期から取り込む狙いも視野に入れておけば、一概に「費用対効果が」とは言えないようにも思います。
Continue Reading »
市場調査(海外)

ロシアのバナー広告のクリックの6割が、ネットユーザの2%により発生

Insight for WebAnalytics: ロシアのバナー広告のクリックの6割が、ネットユーザの2%により発生 ネットユーザの9割はバナー広告をクリックしない。残り10%の中でもヘビーユーザへの依存度が非常に高い。 ロシアだけの話だとは思えない調査結果ですね。その2割の人達は必ず反応するとも言えますが。
Continue Reading »
市場調査(米)

Androidが広告インプレッションでiOSを上回る(2010年12月米国)

Androidが広告インプレッションでiOSを上回る – 調査・統計ニュース:ITpro Millennial Mediaのモバイル向け広告ネットワークを通じた12月の広告インプレッションは、Androidが46%で最も多く、次いでiOSが32%だった。カナダResearch In Motion(RIM)の「BlackBerry OS」は16%、フィンランドNokiaの「Symbian」は2%、米Microsoftの「Windows OS」は1%だった。 iPhoneアプリは有料で販売するモデルが多く、Androidアプリは無料配布→広告モデルが多いということにもつながりそう。
Continue Reading »
市場調査(海外)

動画広告は90秒くらいが最適!?

Insight for WebAnalytics: 動画広告は90秒くらいがいいみたい ・動画の見られている期間を見ると鮮度は最初の1週間くらいのようだ。 ・Twitterからの認知した動画閲覧時間が長い ・サイトのオンライン動画利用は、訪問者のエンゲージメント増を期待している。 ・YouTubeで100万回以上見られている動画は%に過ぎない。 YouTubeで動画が見られた回数と、動画の長さの相関関係 リッチなコンテンツとはいえ、最初に心をつかめないと見られないのはテキストと同じと言えそう。
Continue Reading »

Twitter企業アカウントのフォロワーの増加には「バナー広告」が「TVCM」「雑誌」と同等に有効である!?

Insight for WebAnalytics: Twitter企業アカウントをフォローするユーザ、バイラル効果が期待できる 「アカウント認知経路」なので、テレビCMと雑誌が「フォロー」という行動に直接結びつけているかどうかはちょっと疑問ですが。
Continue Reading »
市場調査(国内)

広告費7700億円が1年で消えた!ネットが新聞を抜いたのではない?

先日、大きなニュースとなったインターネット広告が新聞広告費を抜いたという事実。しかし、その抜き方がお世辞にも喜ばしい状況ではなかったために、さまざまな論議を生み出している様子です。 出典:ファインドスター広告ニュース グラフのように、たった一年で7700億円もの広告費が消えてしまったということも事実。中でも、雑誌広告が折り込みチラシやDM以下の規模になってしまっていることも、メディア媒体の大きな変革を予想させるものになっています。 広告費7700億円が1年で消えた!ネットが新聞を抜いたのではない?フリーペーパーが雑誌を抜く? ~日本の広告費2009から見る広告業界の今~ | ファインドスター 広告ニュース まだまだ雑誌だからこそ得られる、有益な情報というものは多いはず。今後どうなってしまうのか、本気で心配になってきます。 知的で、イキで、お洒落な 世界の広告たち 価格:¥ 3,150 平均評価: 納期:在庫あり。 Amazon で詳細を見る
Continue Reading »
市場調査(国内)

好まれるネット広告は、引き続きバナーや Flash

好む広告は、視覚、感情?、興味の順。 好まれるネット広告は、引き続きバナーや Flash―ネット広告定期リサーチ(8) – デイリーリサーチ 「以下のネット広告のうち、リンクをクリックしたくなるものを教えてください」との質問を行った。 最も回答を集めたのは「バナーや画像、Flash など(バナー・レクタングルなど)」で、%(534人)。以下は「紹介記事などで扱われているもの(Amazon アフィリエイトなど)」%(326人)、「Blog や記事の内容にあった広告(コンテンツ連動型広告)」%(312人)と続いた。
Continue Reading »