市場調査(国内)

国内スマートフォンOSシェア、アンドロイドがアップル抜く

国内スマートフォンOSシェア、アンドロイドがアップル抜く コムスコア・ジャパンは30日、日本のモバイル利用に関する携帯動向調査データ「コムスコア・モビレンズ」をもとに最新の市場傾向を発表した。その結果、スマートフォンのOSシェアで、これまでトップを維持してきたiOS(アップル)から、アンドロイド(グーグル)にトップシェアが移行したことが明らかになった。 ついに日本国内でもAndroidがiPhoneを抜いてしまいましたね。端末別で見れば、まだまだiPhoneが独壇場なのでしょうけれども、スマートフォンに関しては、国内特有という動きにはいまのところなっていない様子。 しかし、スマートフォンを毛嫌いする層に対して、今後どのような変化がおこるのか。ここに日本独自の色が出てきそうですね。
Continue Reading »
SNS(海外)

ビデオチャットサービスTangoが成長率トップの座を初期のSkypeから奪う

登録ユーザ数1700万のTangoは成長率トップの座を初期のSkypeから奪う 初期のSkypeはユーザの急増ぶりがすごかったので、同社は誇らしげに、”史上最速で成長しているグローバルコミュニケーションツール”を自称した。しかし、ロンチ後9か月の登録ユーザ数という一つの測度では、モバイルのビデオチャットサービスTangoが、そのSkypeを抜いた。Tangoの今の登録ユーザ数はAppleとAndroidを合わせて1700万、今はまだ立ち上げからわずか9か月後だ。Skypeはどうだったかというと、2004年の最初の誕生日にはユーザ数が900万だった。 iPhone、Android両方で使える無料のビデオチャットサービスという点が刺さった。 Tango Video Calls (無料) iPhone 3GS、iPhone 4、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代) および iPad 互換 iOS 以降が必要 Tango Video Calls カテゴリ: ソーシャルネットワーキング 価格: 無料 更新: 2011/06/23...
Continue Reading »
市場調査(国内)

国内スマートフォンのOS別出荷台数・シェア AndroidがiOSを抜いて1位

スマートフォン市場のメーカー別台数・シェアは1位がApple(%)、2位がシャープ(%)、3位がソニー・エリクソン(%)、4位がSamsung(%)の順となった。OS別にみると1位がAndroid(シェア%)、2位がiOS(%)、となった。 (MM総研の発表資料より引用)   ずいぶんあっさりとAndroidがiPhoneを抜き去ってしまいましたね。震災時にソフトバンクの繋がり具合がよろしくなかったことも起因しているのでしょうか。 日本だからiPhoneなのかという印象を受けてはいましたが、そうはならず世界と同じ歩みをはじめましたね。しかしAndroid携帯のバッテリーがもたないのは何とかして欲しいところ。。。
Continue Reading »
市場調査(海外)

2011Q1世界のAndroidのスマートフォンシェア35%

2011Q1世界のAndroidのスマートフォンシェアが35%に 世界のスマートフォン出荷台数は、2011Q1の5,520万台から83%増で、2011Q1は億台となった。スマートフォン出荷台数の地域別シェアは、アジア太平洋地域が2011Q1の34%から37%へシェアを伸ばしたが、その分EMEA地域のシェアは35%から32%へ減となった。 画像の表はAndroidシェアのものではありませんが、今年一月にシェアトップへ躍り出たAndroidが、から4ポイント弱を伸ばしているという状況。 個人的には、電池消費の点などでiPhoneのほうが安定していると感じますが、それさえなければウィジェットの有無だけでもAndroidに軍配と感じています。 この動きは日本でもジワジワと来るのでしょうか。
Continue Reading »
市場調査(米)

米スマートフォンを購入する際に重視するポイント

スマートフォンを購入する際に重視するポイントは? – IT / テクノロジー | でもっとも重視されていたのはプラットフォーム。次いでがスマートフォンの機能という意外な結果。そこから大きく離れてがアプリの数。逆かと思ったけれど…。BUSINESS INSIDERの読者はそこまでTech Savvyじゃないってことなのかしら…。 今存在するアプリよりも、プラットフォームの将来への期待度、端末のサクサク感が優先されるというところが、合理的かつ先見性を持った視点だなと感じさせられますね。 一般的なデータではないけれど、非常に興味深い調査結果です。
Continue Reading »
市場調査(国内)

スマートフォン乗り換え機種はiPhone・Android人気が拮抗

ソーシャルメディアユーザーを対象に携帯電話の利用動向に関する調査を実施 | ソーシャルメディア研究所 | バズ、クチコミ、ソーシャルメディアマーケティング l 株式会社サイバー・バズ 【スマートフォン乗り換え機種はiPhone・Android人気が拮抗】 スマートフォンを所有していない人に対し、「スマートフォンを使用するとしたらどの端末が欲しいですか?」という質問をしたところ、「iPhone端末」が43%、「Android端末」が39%、「その他端末」が18%となり、iPhoneおよびAndroid両OSの人気は拮抗していることがわかりました。また、iPhoneが欲しい理由として「Appleストア経由の安全なアプリケーションが多い」「今のところiPhoneの方が操作性が良さそうなので」などが上げられ、Androidが欲しい理由としては、「Android端末の方が将来性があると思うから」「電波の安定しているdocomoを引き続き使用したい」などの意見が上がっておりました。 出典:ソーシャルメディア研究所 アンケート対象者がある一定の層に特化していることも考えられますが、「みんながiPhoneを欲しがっているわけではない。」というのは間違いなさそうですね。
Continue Reading »
市場調査(海外)

2012年世界のスマートフォンOSシェア、Androidが5割に迫る

Insight for WebAnalytics: 2012年世界のスマートフォンOSシェア、Androidが5割に迫る 2011年に世界のスマートフォン販売台数は%増の億台と推定。 世界で見ると、Androidの伸びがすでに圧倒している状況。予測はあくまで3強のうち、AndroidとMSが伸びるという予測だけれども、どうなることか。 下記はGartner (April 2011)のデータを元にグラフ化したものです。
Continue Reading »
市場調査(国内)

「スマートフォン専用サイトとPCサイトを切り替えたい」スマートフォンユーザーの78%

「スマフォ専用サイトとPCサイトの表示を選べるとよい」78%、【スマートフォン利用者のECサイト利用実態調査】:MarkeZine(マーケジン)  スマートフォンで閲覧するECサイトの満足度を尋ねたところ、「満足」「やや満足」との回答は51%で、年齢が低い層ほど満足度が高くなっている。満足している点として、「画像が見やすい」が最も多く、「画像のズームがしやすい」「文章が読みやすい」が続いた。一方、不満点では「1ページの情報量が少ない」が最も高く、「複数のサイトを使った商品比較がしづらい」「ページの読み込みに時間がかかる」となった。 【性年代別】スマートフォンで見るECサイトの満足度(単一回答) 【n=1030】 スマートフォンユーザーに、元々PC主体のユーザーが多いことも絡んでいそうですが、やはりユーザーとしては スマートフォン=高機能な携帯 というよりも スマートフォン=サクっと使えるPC というイメージが強いのでしょうね。
Continue Reading »
市場調査(国内)

スマートフォンに最適化されていない32サイトの平均表示速度は、最適化されたサイトよりも11.617秒遅い

Insight for WebAnalytics: スマートフォン・サイトパフォーマンス調査、が表示最速 全50サイトのうちスマートフォンに最適化されたサイトは18サイトあり、その平均表示速度は秒でした。一方、スマートフォンに最適化されていない32サイトの平均表示速度は秒であり、最適化されたサイトよりも秒遅くなっていました。 数値化すると恐ろしいことになっているのがわかりますね。
Continue Reading »
市場調査(米)

米スマートフォンのOSシェアAndroidがトップに(2011年1月)

Insight for WebAnalytics: 2011/1米スマートフォン、OSシェアでAndroidが%でトップに ↑米国スマートフォンOSシェアの遷移 Appleは現状維持のまま、その他のOSがAndroidにシェアを奪われているように見えますね。iOSかAndroidかの選択肢しかない日本のスマートフォン市場はどうなることやら。
Continue Reading »