Androidが広告インプレッションでiOSを上回る – 調査・統計ニュース:ITpro

Millennial Mediaのモバイル向け広告ネットワークを通じた12月の広告インプレッションは、Androidが46%で最も多く、次いでiOSが32%だった。カナダResearch In Motion(RIM)の「BlackBerry OS」は16%、フィンランドNokiaの「Symbian」は2%、米Microsoftの「Windows OS」は1%だった。

モバイル向け広告ネットワーク

iPhoneアプリは有料で販売するモデルが多く、Androidアプリは無料配布→広告モデルが多いということにもつながりそう。

こちらの記事もどうぞ