2010年Q1の米国スマートフォン市場、Android端末がiPhoneを抜いて2位に – ニュース:ITpro

米NPD Groupが米国時間2010年5月10日にまとめた同年第1四半期(Q1)の米国スマートフォン市場調査によると、米Googleが開発を進める「Android OS」を搭載した端末の販売シェアが28%となり、米Appleの「iPhone」を抜いて2位となった。首位はカナダResearch in Motion(RIM)の「BlackBerry OS」搭載端末でそのシェアは36%。iPhoneは21%で3位に後退した。

アンドロイド等スマートフォン米国シェア

日本では今後どのようになってくるか、何気に楽しみですね。

こちらの記事もどうぞ

    Androidが広告インプレッションでiOSを上回る(2010年12月米国)
    Androidが広告インプレッションでiOSを上回る – 調査・統計ニュース:ITpro Millennial Mediaのモバイル向け広告ネットワークを通じた12月の広告インプレッションは、Androidが46%で最も多く、次いでiOSが…
    2012年のiPhone、Androidアプリランキング
    Nielsen Tops of 2012: Digital | Nielsen Wireから、2012年のiPhone、Androidアプリのランキングが発表されていました。 iPhoneアプリでは、マップが一位、これはiOS6からデフォル…
    中国のスマートフォンOSシェア、Androidが90%を占める
    iPhoneの偽物やら、他国ブランドのパクリやら、いろいろと騒動を起こしている中国ですが、スマートフォンが普及しつつあることには変わりないようです。そして偽物iPhoneもAndroidを搭載しているなど、OSそのものは世界と同じ物を使っ…
    スマートフォン乗り換え機種はiPhone・Android人気が拮抗
    ソーシャルメディアユーザーを対象に携帯電話の利用動向に関する調査を実施 | ソーシャルメディア研究所 | バズ、クチコミ、ソーシャルメディアマーケティング l 株式会社サイバー・バズ 【スマートフォン乗り換え機種はiPhone・Androi…
    iPhone、認知度と購入意向で大きな開き
    ソニーのiPodみたいにAndroidやBlackBerry=iPhoneなのかもしれませんね。IMJモバイル調べ:iPhone、認知度と購入意向で大きな開き – ITmedia エンタープライズ. …