徐々にではあるけれども、既に半数近くが送料無料。さらなる差別化が必要になってきそうですね。

Insight for WebAnalytics: 米オンライン・ショッピング、送料無料が時代の流れ

こちらの記事もどうぞ