アルコール飲料の広告を見て飲みたくなったことが「ある」半数以上:マーケティング – CNET Japan.

年代によって飲みたくなるアルコール飲料に大きな差があることは変わらず。やっぱりテレビの影響力が強いですね。

こちらの記事もどうぞ