リリースされてからすでに10年が経っているIE6(Internet Explorer 6)ですが、いまだに利用者がいなくならないという問題に対し、マイクロソフトが合の煮やして乗り換え促進サイトを作成したようです。


↑こうやって見ると、本当にまだまだユーザーが多いことが分かりますね。その中に、先進国でありながらも結構ユーザーが多い日本。「昔から使っている」「デジタルデバイドが激しい」など、さまざまな事象が起因しているとは思いますが、平和な国だなと感じさせられもしますね。


↑一覧で見てみると、インドやベトナム、サウジアラビア、台湾といった国と同程度の割合を占めているのがわかります。

興味のある方はIE6 Countdownへどうぞ。

こちらの記事もどうぞ